【メキシコ】 トゥルム 3/7

 

 

 

メキシコシティからさらに飛行機でカンクンに飛んだ。

 

 

カンクンからバスで3時間。

 

 

トゥルムという町に来た。

 

 

観光の町ではあるが、カンクンほど栄えているわけではない。

 

 

ここにはトゥルム遺跡というマヤ文明期の遺跡とセノーテという天然の井戸がある。

 

 

セノーテの深くには鍾乳洞があり、ダイビングをすることができる。

 

 

今回、自分もセノーテで潜ってみたくてここトゥルムを訪れた。

 

 

到着してすぐに、ダイビングショップをまわった。

 

 

翌日、前日中に話をしておいたダイビングショップで本日行くセノーテの説明を受けた。

 

 

その後、機材を積んでセノーテへ

 

 

セノーテはなんてことない林の中にぽっかりと水が溜まっているようなところだった。

 

DCIM0413

 

 

DCIM0414

 

 

今回はいくつかあるセノーテの中の「ザ・ピット」という場所で潜る。

 

ここは、ディープダイブができる場所で30メートル近くもぐることが出来る。

 

 

さっそく装備をつけて潜る。

 

 

水はかなり澄んでいて透明度は高かった。

 

 

 

ちなみに今回も水中カメラは持ち合わせていないので、残念ながら写真をお見せすることは出来ない。

 

 

セノーテは淡水なので海水と違って浮力が無いので沈みやすい。

多めに浮力を確保しながら潜る。

 

 

また、生物もほとんどいない、どちらかといえば地形を楽しむ場所だ。

 

 

沈んでいくにつれて、光が無くなり真っ暗になっていく。

 

 

 

ふと上を見上げると、光の輪が神秘的に見える。

 

 

ザピット2

http://4travel.jp/travelogue/10897153

 

途中で、サーモクラインという水温の違う層に行き当たると視界がはっきりと見えなくなり

 

 

 

さらに潜っていくと25メートル近くで水中の細かなダストが雲の様に水中に漂っている景色が見れる

 

 

 

およそ40分弱ぐらい潜った。

 

 

セノーテダイブでは一般的なのと違い、変わった現象を体感することができて楽しかった。

 

ザピット

http://4travel.jp/travelogue/10679202

 

 

トゥルムではディープダイブのできる「ザ・ピット」の他3箇所のセノーテでダイビングをした。

 

1.ザピット

DCIM0412

 

2.ドスオホス

DCIM0417

 

3.ドリームゲート

DCIM0429

 

 

4. カラバネ

 

DCIM0436

 

 

どれもはケーブダイビングで鍾乳洞の中をすすんで行く感じ。

狭い場所もすすむので浮力コントロールが難しかったり、鍾乳石に機材がひっかかったりと中々難しかった。

 

真っ暗中をすすんで行くので怖いという人もいるかもしれないが個人的にはとても興奮するダイビングだった。