【ブラジル】 弓場農場 12/11

 

 

 

自由時間。

 

 

ブログを書いていると、どこからか太鼓の音が聞こえてきた。

 

 

実はここ、弓場農場では毎年クリスマスに村にある手作りの舞台で演劇を披露するのが恒例のイベントとなっている。

 

 

その練習の音だった。

 

 

自分は一目見てみたいと、舞台の方に行ってみた。

 

 

そこではヤマの人(なぜか弓場の人達は自分たちの事をそう呼ぶ)たちが演劇の練習を行っていた。

 

 

DCIM0209

 

舞台監督を担当するのはマサさん。

 

みんな真剣だった。

 

農業のあとの稽古は大変だっただろう。

 

さりげなく同じ旅行者の誠さんもアシスタントとして稽古にまざっていた。

 

 

あとで聞いてみると他にもバレエ、陶芸など様々な活動を行っているらしかった。

 

 

 

農業だけじゃなく色々な側面をもつ、弓場農場とても興味深い村だった。