【ブラジル】 12/11 サンパウロ

 

 

 

今日は出発の日である。

 

 

荷造りをしているとマルコが起きてきた。

 

 

別れを告げると彼はとても寂しそうにした。

 

 

たった3日間だったが、彼のおかげで一般的なブラジル人の暮らしを体験することができた。

 

 

彼の家族とも出会うことができた。

 

 

ポルトガル語も少しだけ分かるようになった。

 

 

普通の旅ではなかなか経験することのない現地の暮らし。

 

 

なんてことない食事が日本人の自分には新鮮だった。

 

 

彼には日本で暮らすという夢があった。

 

 

いつかまた彼と日本で再会できることを祈りつつ自分たちは分かれた。

 

 

 

マルコ本当にありがとう。

 

DCIM0178