【ドイツ】 11/21 フランクフルト

 

 
フランクフルトには午後着いた。

 

 

ここに来た目的はもちろんブラジルビザである。

 

 

到着するとさっそくブラジルのビザを申請しに大使館へ向かった。

 

 
街のはずれにある閑静な住宅街にそれはあった。

 

 

着くとさっそく順番待ちのカードを受け取った。

 

 

ここはどうもアポ無しでも受け付けてくれるようだった。

 

 

さて、ここからが難関である。

 

 

自分は南米をほぼ陸路で回りたいのだが、ブラジルはビザの発行時に出国用の飛行機チケットが必要なのである。

 

 

【必要書類】

・パスポート
・証明写真
・航空券(ブラジル入国用)
・航空券(ブラジル出国用)
・ブラジルでの宿の予約確認書
・銀行の残高証明書(英語表記)

 

 

陸路で出国をしたいので、何とかその代わりとなるものを用意して入国を許可してもらおうと考えていたのであった。

 

 

ここで出国用の飛行機チケットの変わりが用意した物は以下の2点

 

 

隣国アルゼンチンの宿泊予約のバウチャー

 

 

ブラジル内での旅程表(署名付き)

 

 
自分の番号がよばれ、窓口に行くとやさしそうなおばちゃんがいた。

 

 

そこでビザを発行したい旨を伝えた。

 

 
事前に調べてきていたので、言われた書類をテンポ良く必要書類を提出していく。

 

 

出国用の飛行機チケットをいつ求められえるかびびりながら待っていると。

 

 

おばちゃんは集めた書類に目を通し一言。

 

 
「パーフェクト」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
あれ?

 

 
他はいいの?

 

 

その後は、発行手数料を払って翌日発行とスムーズに事が運んだのであった。

 

 
自分はここまでだいぶ調べてきていたので、かなりがっかりしたのであった。