【チェコ】  10/27 プラハ

 

 

 

早朝にチェコには入国した。

 

宿はプラハの郊外にある安宿だった。

 

症状が一向に回復しなかったため病院にいくことに決めた。

 

保険会社に電話し、提携病院を紹介してもらった。

 

病院に予約をとり、1日手続きでおわった。

 

日本なら電話一本で済むことが海外では何かと手続きを要するので面倒だった。

 

——————————————————————————————————————–

【チェコ】 10/29 プラハ
当日、診察は午後からだったので午前は簡単に街中を観光した後に郊外の病院に向かった。

 

電話で予約していたので待ち時間無く診察を受けさせてもらえた。

 

診察室に入ると先生がすわっていた。

 

てゆうか、女医さんだった (・∀・)イイネ!!

 

 

 

が、どきどきしてる余裕も無く症状を伝える。

 

下痢、頭痛、めまい、腹痛、、、そして血便

 

 

 

 

お腹が痛かったので触診を受け、再度問診。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女医さん頭を抱える。

 

 

 

 

 

 

 

ΣΣ(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

そんなまずいのか。。。

 

 

 

 

さらに、検便と血液検査を実施した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女医さんさらに頭をかかえる

 

 

 

 

 

ΣΣ(゚д゚lll)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果、異常が無いので原因が分からないとの事

 

 

 

 

なーーんだ、異常なしかと内心ほっとした (・∀・)

 

 

 

 

すると先生はなにやら手紙のようなものを書き始めた。

 

 

 

そして、一言。

 

 

これから大学病院に行ってもらいます。

 

 

さすがにこんな表情になります。

 

ハマー

 

 

時刻は 午後8時をまわっていた。

 

 

今から行けと?

 

 

 

結局先生に逆らうことも無く、片道1時間かけて病院にたどり着き、きちんとした設備で血液検査、検便、あとCTスキャンを行ってもらった。

 

 

 

そして待つこと1時間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

異常なし

 

 

もうなんなん?

 

 

 

結局、もらった処方箋で経過を観察することということになった。

 

 

 

この日は宿に帰ったのが深夜の12時を回っていた。

 

 

 

今回のことで自分の体のことは自分が一番分かっているわけではないということがわかったのだった。