【スイス】  11/8 マッターホルン

 

 

 

電車を乗り継いでスイス南部マッターホルンに来た。

 
電車賃も馬鹿にならないだけあって車窓から見える景色はすばらしいものだった。

 

DCIM0009 DCIM0012

 
電車を降りるとインタラーケンよりもさらに寒く、山奥に来たことが実感できた。

 
街からは美しいマッターホルンがきれいに見えた。

 

 

DCIM0016

 

DCIM0006

 

 

ここマッターホルンは登山鉄道とスキー場を備え、夏にはトレッキングなどのアクティビティができる観光地である。

 
自分が来たときはまだスキー場がやっと開かれたばかりの時期であった。

 
さすがにスキーをするほどの装備を持ってきていなかったため、自分はスノートレッキングをすることにした。

 
ちなみにお金を払えばリフトや登山鉄道などで氷河を見に行くことも可能であるが、ちょっと金額が金額だったためあきらめることにした。

 

 

どれぐらい違うかと言うと日本のスキー場の1日リフト券の数倍の金額である。

 
と言うわけで早速、地図をもらいトレッキングをすることに。

 
美しい紅葉と雪景色が見事にマッチした気持ちのいい登山道だった。

 

 

DCIM0021

 

途中の村で休みながら道を進む。

 

DCIM0022

 

 

麓からもマッターホルンがきれいにみえる。

 

 

 

 

どこまでも雄大な自然が続いていた。

 

 

6時間ほどトレッキングをして夕方帰宅。

 

 

寒かったけど非常に美しい山だった。

 

 
ちなみにリフトを使うと、山頂から氷河を見ることが出来るらしい。

 

 

それだけのためにリフト券を買うのは癪だったため自分は行かなかったが、写真みたらすばらしいものだった。

 

 

また、機会があればスキーをしにここへ着てみたいと思うのだった。