【トルコ】  パムッカレ 9/30

 

 

 

 

パムッカレ。。

 

 
トルコ人に聞くと皆口をそろえてたいしたことないといわれる。

 

 

あの真っ白な石灰棚が一面に広がっている幻想的な写真は誰もが一度は見たことがあるのではないだろうか?

 

 
村からはすでに雪山のように真っ白な山が見えていた。

 

 

DCIM0277

 

 

 

荷物をまとめ、そのまま山に向かった。

 
入口でチケットを購入し入場する。

 
目の前はすぐ土ではなく白い石灰棚の色に変わった。

 

 

DCIM0278

 

 

景観保護のため靴を脱いで入場しなければならないようだった。

 

 
石灰の岩はかなり冷えていた。

 

 
少し登ると、水のたまった池が現れた。

 

DCIM0283

 

 

水は石灰で濁っている。

 

 

DCIM0282

 

 

この水が本当に冷たい。

 

 

 

が、さらに上をみあげるとそこには水着で水浴びを楽しむ観光客たちがいた。

 

 

DCIM0284

 

 

 

こんな冷たい水の中何やってんだと思ってたら。

 

 

登っていくうちに徐々に温水に変わっていった。

 

 

どうもこの水、元は温泉のようだった。

 

 
山の頂上まで登ると白い棚は普通の地面にすっかり切り替わった。

 

 
ここまで所要1時間弱。

 

 

個人的な感想としては「これで終わり?」といった感じである。

 

 
もっと広いエリア一帯が石灰棚になっているのを想像していたのでちょっと拍子抜けした。

 

 
裏にはヒエラポリス遺跡というローマ帝国時代の遺跡が広がっていた。

 

 

 

DCIM0298

 

 

DCIM0297

 

 

DCIM0295

 

 

 

 

パムッカレ。。

 

 

確かにすばらしいのだが、規模が小さいため個人的には物足りないところだった。

 

 

 

 

明日はここからボドルムという都市を経由して船でギリシャを目指す。